ダイエットを成功させるにはダイエット計画を立てる

 

ダイエットを成功させるにはしっかりしたダイエット計画を立てることは必須条件です。

 

ただ、しっかりとしたダイエット計画といっても詳細な計画というわけでは決してなく、目標とする数字をはっきりさせて、ダイエット期間のモチベーションをダイエットが成功するまで維持させることが目的です。

 

ダイエット計画を立てる上でもっとも重要な数字はダイエットの実行によって減らしたい体重とその体重を減らすためのダイエット期間が必要かを決めることです。

 

例えば、10キログラムの体重を10か月のダイエット期間で減らすならば月に1キログラムの減量が必要となります。この基本的な数字が出ればあとは細かい計画を付けくわえていくだけです。

 

1キログラムの減量には7000キロカロリー分を減らさなけばなりませんから、一日平均で200から300キロカロリーを減らすことが必要になります。

 

これを食事制限による摂取カロリーを減らすことによって減らすのか、運動による消費カロリーを増やすことによって減らすのか、食事制限と運動を併用することよって減らすのかを決めて実行するだけです。

 

ダイエット中には少なくとも体重計で一日一度は体重を計測して記録しなければなりません。一日一日の変化にあまり神経質になることはありませんが、全体的に右肩下がりの体重変化をしていることが必要です。

 

あまり頻繁にすることはありませんが、一か月に一度くらいの割合でダイエット計画に対しての進捗をチェックして、達成具合によってダイエット計画の修正をします。

 

ただ、一つ注意しなければならないのは、ダイエット計画中は初めの方が体重が減りやすく、あとになればなるほど体重が減りにくくなってしまいます。

 

ダイエット初期の体重よりもダイエット後期の体重が減っていることが普通ですから、後期になって体重が少なくなった分、代謝量が減ってしまうので同じようなダイエット法をしていると減りにくくなるのです。

 

参考サイト→ダイエット